京都 不動産 ディ・クルー・コーポレーション

資産運用について

資産運用の中で、なぜ不動産投資を選ぶのか

不動産投資(マンション経営)が、なぜ資産運用・資産形成になるのでしょうか?

超低金利水準の中にあって、金融商品で資産形成することは非常に困難な時代になりました。
金融商品の場合は、利回りの高いものには大抵高いリスクがともないます。
その点、マンション経営は立地を厳選するなどのリスク回避により、安定的に資産運用、資産形成ができます。
また、ローンを組んだ場合でも、その返済の大半は家賃収入で充当でき、そのうえ、税金の還付を受けられるので他の投資商品に比べても、効率的に資産運用・資産形成ができるのです。

不動産投資で長期的な定収入による資産運用を

普通の老後をおくるにも約6000万円かかると言われています。
豊かな老後をおくるにはおよそ1億円かかるのです。

不動産投資(マンション投資・マンション経営)は、金融商品と違い、比較的低いリスクで長期的に安定した収入をもたらす資産運用法です。
長期に渡って安定した収入を得ることは、公的年金制度の将来に不安が強い今の時代、誰もが望む「ゆとりある老後」を迎えるための条件になるでしょう。

将来の日本経済がインフレに見舞われた場合、現金・預金などの金融資産は目減りして、価値が下がる可能性もあります。
しかし、マンション経営ならインフレ時代においても家賃は大幅に下落することもなく、その時代の価値に合わせた収入を得ることができるのです。

  • 金融資産
  • 不動産投資

不動産投資のレバレッジ効果

不動産投資は少ない資金で収益が出るように投資効率を高めた資産運用方法です。
レバレッジとは「てこの原理」のこと。少ない資金でも借入れによって元手を増やし、収益がでるように投資効率を高めた投資法のことです。
投下した資金の何倍もの投資効率が期待できます。

レバレッジ

※上記は、レバレッジ効果を説明するものであり、金額と利率は仮定によるものです。 実際の金利や利回りを想定するものではありません。

ページの先頭に戻る